検索
  • mk

月曜(金曜)セミナー 「国際アート・カルチャー都市へむけて~豊島区の挑戦~」 城山佳胤政策経営部長


5月12日金曜、第8回理事会の後に豊島区の城山佳胤政策経営部長をお招きし、逼迫した財政や消滅可能性都市とされる閉塞感を”文化によるまちづくり”により打開し、ピンチをチャンスにかえて「持続発展都市」へとつなげていく様々な取組みを伺いました。 廃校となった小学校跡地に新庁舎と分譲マンションからなる49階の「としまエコミューゼタウン」を税金を使わずに建設したこと、旧庁舎跡地には8つの劇場を持つ「Hareza池袋」が2020年にオープンし、「東アジア文化都市」への立候補、「アートオリンピア」や「東京芸術祭」の中心となる計画など、国際アート・カルチャー都市を目指す池袋から目が離せません。

 他方で、文化面ばかりではなく持続発展都市として「女性にやさしいまちづくり」「高齢化への対応」「地方との共生」など、例えば女性の視点にあわせてまちを見渡すことで、子どもや高齢者、外国人などすべての人が住みやすく、働きやすい豊島区づくりなど自治体としての地道な取組みにも紹介いただきました。


0回の閲覧

© 2016 by Nippon Kenjin Kaigisho