© 2016 by Nippon Kenjin Kaigisho

Please reload

最新記事

2月の月曜セミナー「覚醒と睡眠」のご案内

January 23, 2019

1/10
Please reload

特集記事

多子化健全社会構築に向けての提言:ワークショップ

April 24, 2016

 

ゲストスピーカー 鈴木信行氏

 

条件付で認められているわが国の堕胎件数は、厚生労働省の調べで年間18万件で、現在の出生数約100万人の二割弱に相当する。

そのほか公にされていない数も、公表数の2~3倍に上ると言われており、様々な視点から目を背けることの

できない大変重い問題である。

現行の母体保護法は、「妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおせれのあるもの」につて人工妊娠中絶を認めているが、「又は経済的理由により」が果たして妥当であるのか、ワークショップでは国際社会の中でもあまり例のないこの文言について、活発な意見が交わされた。また、この部分に反対する立場で活動を展開している鈴木信行氏に、その考えとを伺った。

 

Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square