© 2016 by Nippon Kenjin Kaigisho

Please reload

最新記事

2月の月曜セミナー「覚醒と睡眠」のご案内

January 23, 2019

1/10
Please reload

特集記事

夢ありき  茂森政氏 茂森和子氏

March 23, 2016

 

 

 

「夢ありき」と題して日野自動車副社長だった茂森政さんと奥様の和子さんに、脳性小児麻痺のご長男が次々と夢を実現していった軌跡、家族の絆、ご長男に刺激を受けて設立した障害を持つ若者の勉学を支えるNPO法人など、その夢や思いを語っていただきました。

 

ご夫妻のプロフィールをご紹介します。
茂森政(しげもり・まさし)さんは、昭和39年、日野自動車に入社、ディーゼルエンジンの研究開発に従事して、日本機械学会賞、自動車技術会賞などを受賞。
在任中は世界初のハイブリッドエンジン、無公害水素燃料エンジンなどの研究開発するとともに、平成9年のパリ・ダカールラリーでは監督としてトラック部門3台出場して1,2,3位を独占するという完全優勝を果たします。平成10年、副社長を最後に日野自動車を定年退職。
奥様の茂森和子(しげもり・かずこ)さんも昭和38年に日野自動車に入社し、昭和41年政さんと結婚して昭和43年長男が重度の脳性小児マヒで誕生。46年に次男、48年に長女が誕生するも、長男の育児で一時は自殺を考えるなどノイローゼ状態に。
「絶対に歩かせてみせる」と決意してからは、長男の訓練に明け暮れ、学校も小学校から大学2年まで介助でつき添い留学・就職(サンマイクロ社)を果たしました。
政さんは、脳性小児麻痺の長男が次々と夢を実現していく精神力に刺激され、定年後の生き方として夫婦で「夢」を持って生きることを提言。平成18年2月ご夫妻の共著「夢ありき」を出版。
米国バークレーに「勉学を志す障害者のための施設」を作るべく平成19年にNPO法人「ハローバークレー」をご主人とともに設立し、ご夫婦で奮闘中。
お二人が歩まれた人生、その思いや夢、現在の活動などを伺いました。

Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square