© 2016 by Nippon Kenjin Kaigisho

Please reload

最新記事

2月の月曜セミナー「覚醒と睡眠」のご案内

January 23, 2019

1/10
Please reload

特集記事

消滅可能性都市:ピンチをチャンスに変えた豊島区

April 14, 2017

 

 

増田寛也元総務相が座長を務めた日本創成会議から東京23区で唯一 2040年までの「消滅可能性都市」と予測された豊島区の高野之夫区長、水島正彦副区長、城山佳胤政策経営部長を4月12日訪問し、少子化への取り組み、魅力あるまちづくりなどについて意見を交わしました。

 

センセーショナルな消滅可能性都市へのリストアップに区内には衝撃が走ったものの、高野区長はじめ関係者のピンチをチャンスに変える地道な努力「発信力のある街づくり」「経済よりも先ずは文化都市を目指す」「女性に優しいまちづくり戦略」「部下の育児と仕事の両立に配慮するイクボス宣言」「土日も含めて年間345日開庁する住民サービス」などが実って、統計的にもイメージ的にも着実に好転の兆しが見えているとのこと。

 

当会が「多子化健全社会構築に向けた提言」をお渡しした加藤勝信一億総活躍大臣や小池ゆり子東京都知事からも、現在はモデル都市としてさらに新しい取り組みが期待され、展開されつつあります。当会は引き続き城山政策経営部長を窓口に、連携の可能性などを探ることとなりました。

 

なお、当会理事の指揮者坂本和彦氏は文化都市豊島区の音楽監督でもあります。

この意見交換に当会からは橋本久美子会長、松本英昭副会長、渡邊信副会長、千代田行麿副理事長、佐伯浩明理事、瀬尾純一郎理事、小林正博理事の7名が参加いたしました。

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square